修善寺線

修善寺線(しゅぜんじせん)は、三島から本線との連絡駅大場函南を経て修善寺温泉に向かう路線で、伊豆箱根鉄道から組み込まれた路線の一つです。東名電車グループに組み込まれた後、大場函南駅に本線との連絡線を設け、渋谷からの直通特急の運行が始まりました。一方、それと引き換えに三島経由で東海道線に直通する急行列車は廃止され、後の駅改良工事によって線路も分断されました。本線から修善寺温泉への観光路線としての役割を強化するため、1986年に温泉街の中心部にある修善寺温泉駅まで延伸されました。また、本線から三島までのアクセスも担っています。三島対東京ではJRに及びませんので、三島市の中心部に位置する三島田町駅からの東京アクセスが中心となっています。車両は大雄山線などと共通です。